リフォーム事例詳細

段差軽減で高齢者にも安全安心【大月市H様邸 手すり設置工事】

完成画像

3

28

①ご高齢のご両親が部屋から玄関への46cmの段差が降りられない。階段をつくれないか?

②階段だけでは危ないので、手すりを両側に設置したい。

・キッチンへの上り下がりの階段をご提案。

 ノンワックスでキズや汚れに強い 「NODA フロア材 クリアシルキーハード」 と

 階段の段鼻で滑らず安心できるよう

  「川口技研 ノンスリップ材 スベラーズ屋内用(幅1820mm)」

  を使用し階段を作製しました。

・手すりには 「マツ六 手すり(太さ35mm)」を使用しました。

  階段段差に対応でき、かつ自立式の木製手すりです。

before
after
画像その1
作製した階段と手すりをリハビリで使用しているそうです。手すりが両側にあるので安心。
画像その2
身体状況に配慮し段差が10cm程度になるようにしました。ドアの開閉や靴の脱着がしやすいよう階段の幅をそれぞれ変えました。
画像その3
段差で滑らないように段鼻にノンスリップを取り付けました。
画像その4
玄関外部には下地補強板を渡し、その上に屋外用の手すりを取り付けました。
画像その5
施工中

担当者より一言

壁に手すりを取り付ける工事は多いですが、この場合は難しい状況でした。そのため階段を丈夫に作製し、自立式の手すりを設置しました。しっかりとした階段と両側の手すりで上り下りも安心になり、大変喜んでいただけました。 介護保険が適用できる場合もございますので、お気軽にお問い合わせください。